スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

fudega1.pngfudega2.pngfudega3.png


筆買ったので 記念に 左っかわのところを筆っぽい絵にさしかえてみました。
更新は あくまで気が向いたときを貫きたいと思います。
(開き直り)

2009年01月18日 未分類 トラックバック:0 コメント:0

ガリレオって副題ですらなかったのかそう言えば

ドラマ「ガリレオ」の劇場版、「容疑者Xの献身」を見てきました。
何ブログだとか細かいことは気にせずに つらつら書くよ!


原作を読んだことあるせいか、一番の感想は
「あんな地味な話だけで映画にするのはやっぱり無理だよなあ」と
「原作にいないだけあって 内海刑事の影うすいなあ」でした。

ドラマはどでかい実験したり数式書きなぐったりと
何かしら派手な見せ場が用意されてた覚えがありますが、
今回は、事件そのものが 実験も数式書きなぐりも入れ込みようがないため
(苦悩してて書きなぐる状況でもなかったしな 湯川助教授)
ドラマ版とはずいぶん毛色が違う話になっていたような気がします。

最初の実験シーン(本筋と関係ない)と山登りシーン(右に同じ)で
映画全体の三分の二くらいは予算使ったんじゃないだろうか。
そうでもないのかな。
どうでもいいけど堤真一、クライマーズハイに続いて山登らされて大変だよなあ。


で、そんな堤真一が演じてた容疑者Xこと石神さん、
原作では小柄でモッサリした冴えないおっちゃんだった気がするので
当初はずいぶん出世したもんだと思っていたのですが、
原作の湯川(佐野史郎似でバドミントンがうまい)が
ドラマではスポーツ万能な福山雅治になっちゃうなら
モッサリズングリしたおっちゃんだって
そりゃあ堤真一くらいにはなりますよね 冷静に考えれば。
 
そんじょそこらの37歳じゃ、
福山雅治や北村一輝と同級生って ぬけぬけと言い張れないだろうし…。
(映画のサイト見たら堤真一は44歳だったけど)

個人的には、佐野史郎:原作石神=福山:堤という数式で表すと
わりとしっくりなじむ説を提唱したいと思います。


ここからは 映画の内容について。
あまりピンポイントな言葉は使っていないつもりですが、
十分ネタバレなので 御注意ください。
原作のことをだいぶ忘れてるので、映画準拠です。

続きを読む

2008年10月06日 未分類 トラックバック:0 コメント:1

舞踏会の手帳

J鯖おのぼりさんツアーで
劇団雪月花の「カバリアン・ナイトⅡ~悪魔~」を見てきました。

新規キャンバス

そしらぬ間に彼氏彼女の関係になってる主人公たちに、
「カップルに死を! って言ってたのってしっと団だっけ なつかしいなあ」と
思わず変なシナプスがつながったよ の図。
(ラブがコメってるストーリーではありませんでした 念のため)


もはや毎度改めて自分の長文癖を言い訳するのも微妙な気がしますが
相も変わらず長くなったので感想は追記に。

なんていうか感想っていうか勘ぐりや捏造のレベルになってきましたが
まあ うん いいや・・・(自らに対するあきらめ)

続きを読む

2008年09月22日 未分類 トラックバック:0 コメント:5

宴のあと:おじゃんもの2

sitou.png

花ちゃんからのリクエストにお答えして
ものはためしに 推理劇の想定解答集と それを花ちゃんに試したときの
臨場感あふれる問答をのっけてみることにしました。

(「でも 私 なに聞いたっけっか・・・」とつぶやいたところ
 花ちゃんが無言で メッセの会話ログを掘り出してくれました
 持つべきものは 物持ちのいい友人ですね!)

ちょっと長いですが 会話ログほぼそのままなので
無闇やたらと臨場感を味わえますよ!

読むにあたってのポイントは

①深夜1時半の会話である
②ちなみに平日で 明日も普通に予定がある
③推理劇の本番までは 1週間前を切っている

という 動かしがたい三つの事実です。

セッパすぎる セッパすぎるよ 私たち


あと、追記で推理劇の犯人ガンガンばらしてますが
まあ、今更いいよね・・・。

続きを読む

2008年09月18日 未分類 トラックバック:0 コメント:2

宴の後:おじゃんもの

ゆがみ的にはひと落ち着きしてきた頃合いなので、
ちょっとずつ 何かのせようかと思います。

とりあえず、ほかの人がまず載せないであろうものを
載せてみればいいんじゃない?という
オンリーワン精神(スキマ産業精神とも言う)を大事にした結果、

花ちゃんは 深夜にマジ泣きし
ほかのスタッフも 顔を引きつらせ
(表情は分かりませんでしたが 花ちゃんの反応を見るに
 最低でも 「マジで!?」という顔にはさせたと思います)
結局おじゃんになった いわくつきの解答受付マニュアル、

もったないので ここでこっそり 載せることにしました。

追記部分が スタッフに披露したものほぼ原文なので、
みなさまには 軽くチラ見していただき
「うわっ・・・」「こりゃ おじゃんにもなるわ」等々、
急な受付方法変更の理由をお察しいただければ幸いです。

続きを読む

2008年09月16日 未分類 トラックバック:0 コメント:1