スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

収拾する気ゼロです すみません

突然ですが 歌野晶午の新作「絶望ノート」を読みました。

さすが、作品の好き放題ぶりには定評のある最近の歌野晶午、
驚くほどの 「テメエこのヤロウ」感!(ほめています)

今回の新作は 「いじめられっ子の日記」 という形式でしたが、
読んだことを後悔するレベルの後味の悪さも
読み途中の何とも言えないささくれた気持ちもいつもどおりで(ほめています)、
「そうか こう来たか そりゃこう来るよな でもマジでこう来たかこんにゃろう」
というのが 読み終えたゆがみの正直な感想でした。
ひどい。素晴らしい。(何度も言いますが ほめています)


ところで、今回ふりかえって はたと気付きましたが、
歌野晶午って 物語の枠(形式? 構成? 設定? 何て言えばいいんでしょう、とにかくそんな感じの。)を話のトリックに組み込むのが 何気に非常にうまいんですね。


作品によっての巧拙はあるので、うまいって言うとちょっと違うんですが、
常にがっぷり四つに組んでるっていうか、
「枠」によって生まれる要素を 話のトリックにフルに使いきっている感があります。

この場合、トリックってのは単に事件のトリックとかを指すわけじゃなくて、
何て言うか もろもろひっくるめて読者に「テメエこう来たか」と思わせる部分。
いわゆる叙述とかも多分これ。

ほかの作者の作品でも 少なからずそういう部分はあると思うのですが、
歌野作品では そのトリックと「枠」の関係が とびぬけて強い感じがするのです。


というわけで、歌野作品の「枠」のことを もうちょい深く考えてみるために、
ちょうどゆがみが同じ日に読んだ
有栖川有栖の短編「あるいは四風荘事件」の場合と比べてみようと思います。

(有栖川有栖の方はシリーズものの一作品なので、本当は比較するもんでもないのですが
 とりあえず とっかかりとして提示させてください)


ここから先、ネタばれはしてないと思いますが、
話がイヤな方向へ濃くなるのでご注意ください。



「四風荘」は、未完の推理小説の真相を推理するという、
いわゆる「作中作」ものの一種です。
登場人物もフィクションとして認識している事件を あえて解く、という形だけで言えば
歌野作品では「館という名の楽園で」あたりが一番比べやすいかな。
(ゆがみは 上記の作品が歌野作品の中でも相当上位に好きです。あれはよい)


「四風荘」も、もちろん作中作である理由はきちんとあるし、
フィクションであることを伏せてむりくり推理を進めさせる妙もあるんですが、
こっちの場合、本腰入れてその気になれば、
作中作の形にしなくても物語は成立するんですよね。

(トリック的に大長編・しかも非シリーズものにするしかないので、
 シリーズものの短編でやるなら作中作しかないよなそりゃあとは思いますが)

そう言った意味では、作中作という「枠」自体の必要性は薄いわけです。


一方、「館という名の楽園で」は、
「趣味で館作ってみました リアル犯人当てしようぜ」という「枠」
(端的に言いすぎましたが 本当にそういう話)がないと
トリックも話も 本当ににっちもさっちも行かなくなります。
つまり、「枠」が 分離不可なレベルで話に組み込まれているわけです。


そのほかの歌野作品についても、

言わずもがなの「葉桜の季節に君を想うということ」、
知るかこんにゃろ投げたろかと思った「ジェシカの駆け抜けた七年間について」、
あまりに好き放題すぎてうっかり結構好きな「世界の終わり、あるいは始まり」、
最初の5ページくらい読んで歌野晶午錯乱したんだろうかと思った「女王様と私」
内容は不穏なのになぜか読んですごく幸せになった「密室殺人ゲーム王手飛車取り」

などなど、

あらためて挙げてみると 物語構造や語り口の特徴が
話そのものの真相に激しく関与している(下手すると直結している)作品が、
叙述うんぬん抜きにしても相当数あるんですよね 歌野晶午。

(だいぶ前に読んだのであやふやですが、「ブードゥー・チャイルド」もそうかな。「ROOMY」は忘れた。「死体を買う男」は作中作ものなので間違いなくそう。)


で、その中でも特に「世界の終わり~」とか、「女王様と私」とか、
あと今回の「絶望ノート」も、
他ではあまり見ない 独特な「枠」の使われ方をしていると ゆがみは思っています。

何故かというと、この3つって、
まちがいなく「枠」の部分で最大級に読者をひっかけているのに、
「読者に物語の内容を誤認させてだまくらかし そこで驚かす」という
いわゆる叙述トリックの定義とはズレているんですよね。

でも 決してだまされたわけではないにも関わらず、
読後には「てめえこのヤロウ またやりやがった」としか言えない。
だから 全然方向性は違う話なのに 何か似たような印象を受ける。

こんな感じの作品群に関しては、「叙述トリック」みたいに
何かいいくくり方の言葉がつけられるんじゃないかと
ゆがみは常々思っているんですが、なかなか難しいです。


とか書いたところで気づいた!
「絶望ノート」は バークリーの「第二の銃声」と近いんじゃないか!


「第二の銃声」はのっけから殺人事件の話ですが、
そっちも 登場人物の手記という「てい」の作品です。

だいぶ前に読んだので 細かいところまでさだかではありませんが、
話の内容じゃなくて もっと大きなところで この二作品は非常に似ている気がします。
きっちり比較してみたら面白いかも・・・!

とワクワクしだしたところで2000字超えたので、 今日はこのへんにしときます。
過去の私は 一体なぜ読書感想文が苦手だったのだろう。
スポンサーサイト

2009年07月04日 未分類 トラックバック:0 コメント:0












管理者にだけ公開する