スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

ガリレオって副題ですらなかったのかそう言えば

ドラマ「ガリレオ」の劇場版、「容疑者Xの献身」を見てきました。
何ブログだとか細かいことは気にせずに つらつら書くよ!


原作を読んだことあるせいか、一番の感想は
「あんな地味な話だけで映画にするのはやっぱり無理だよなあ」と
「原作にいないだけあって 内海刑事の影うすいなあ」でした。

ドラマはどでかい実験したり数式書きなぐったりと
何かしら派手な見せ場が用意されてた覚えがありますが、
今回は、事件そのものが 実験も数式書きなぐりも入れ込みようがないため
(苦悩してて書きなぐる状況でもなかったしな 湯川助教授)
ドラマ版とはずいぶん毛色が違う話になっていたような気がします。

最初の実験シーン(本筋と関係ない)と山登りシーン(右に同じ)で
映画全体の三分の二くらいは予算使ったんじゃないだろうか。
そうでもないのかな。
どうでもいいけど堤真一、クライマーズハイに続いて山登らされて大変だよなあ。


で、そんな堤真一が演じてた容疑者Xこと石神さん、
原作では小柄でモッサリした冴えないおっちゃんだった気がするので
当初はずいぶん出世したもんだと思っていたのですが、
原作の湯川(佐野史郎似でバドミントンがうまい)が
ドラマではスポーツ万能な福山雅治になっちゃうなら
モッサリズングリしたおっちゃんだって
そりゃあ堤真一くらいにはなりますよね 冷静に考えれば。
 
そんじょそこらの37歳じゃ、
福山雅治や北村一輝と同級生って ぬけぬけと言い張れないだろうし…。
(映画のサイト見たら堤真一は44歳だったけど)

個人的には、佐野史郎:原作石神=福山:堤という数式で表すと
わりとしっくりなじむ説を提唱したいと思います。


ここからは 映画の内容について。
あまりピンポイントな言葉は使っていないつもりですが、
十分ネタバレなので 御注意ください。
原作のことをだいぶ忘れてるので、映画準拠です。


さて、原作にもあった 真相の伏線となるシーンについて。
一番でかい伏線、あれ映像でどーすんのかな と上映前から気にしてたら
相当バレバレな感じでカメラが映してたため、
ゆがみは一人「ええんかいな バレるぞ」とドギマギしてしまいました。

あれのわざとらしさに気づいちゃうと(まず気づくと思うんだけど)、
「あれっ あいつを何かに使ったのか?」
「っていうか、何かって言うか 用途は一択じゃん」
って 結構真相がバレバレですよね。

確かに映像にすると全然分からないかバレバレかの二択しかなさそうな伏線だし、
原作にあった伏線が何個かなくなってた気がするので
その分一個の伏線が強くなってても まあいんじゃないかなとも思うものの
さすがにバレバレすぎたような…。いいんかな…。

原作との違いでとりたてて気になったのはそこくらいで、
「ドラマと同じノリだと思っちゃいかん」という
ある角度から見れば致命的な気もする一点をのぞけば
全体的によい映画化だったと思います。

途中で石神さんの行動がストーカー化しはじめるくだりなんかは、
役者の人たちの演技も相まって ものすごくうまくどんでん返されてたし
(原作読んでその後の展開は知っていたはずなのに、
 「ええー、そんな石神さん、あなたそんな人じゃなかったじゃない」
 と すっげえハラハラしてました)

お母さんの靖子さんの行動についても、
原作読んだときは「石神さん裏切るなよー!勝手な人じゃのう」と
わりとムッとした記憶があるのですが(お母さん視点の文章もあったんだっけか)
映画は 相手のおっちゃんが実際いい人そうだし
(自分が濡れて傘さしてあげてたし プレゼントちゃんと二つ用意してたし)
別にそこまで深くデートしてたわけでもなしで
「お母さんごめん」と 美里ちゃんと一緒にションボリしたし。


あと、映画ではわりと大きく取り上げてた「愛」について、
原作の方だといまいち曖昧な感じでぼやかされてて
単にお母さんのことが好きだった的にもとれたため 
読み終えたゆがみは 一人心の中で
「いやー、そんな単純な惚れたはったじゃないと思うんだ!
 お母さん単体じゃなくてね、母子セットで幸福の象徴っていうか、
 ほら、石神さんは愛とか恋とかのタイプじゃないって きっと!」とか
いざとなったら熱弁をふるうことも辞さない構えで考えていましたが
(私が一体石神さんの何のタイプを知っているというのか)
映画の方だと 母も子もそれぞれ回想というか見せ場というかがあって
「そう、そんな感じ、そんな感じ!」と 
よそ様には披露できないレベルでいたく満足いたしました。


というわけで、長々と書いた結論としましては、
半ば内容を忘れかけた原作をもう一回読みたくなりました。
確かいろいろ論争が巻き起こって ネットでまとめとか見れたんだけど
もう見れないのかな。ザンネン。
スポンサーサイト

2008年10月06日 未分類 トラックバック:0 コメント:1

容疑者Xの献身って
まだみてないな~ってことで
今日原作のほうを本屋で探して買ってきた!

読み終わるのいつになるかな…

2008年11月10日22:00 通りすがりの猫 URL 編集












管理者にだけ公開する