スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

サイファーブレーク 決行編

漣さんの暗号を解読しよう!プロジェクト(個人主催)で
前回の記事のところまで分かったものの
そこから先で道に迷ったゆがみちゃん、
ここは腹をくくってオペレーション・ルースレスを決行することにしました。

ひらたく言うと「本人からヒントもらう」。
しょーもないとあなどるなかれ、
歴史も証明している一番確実な方法です。

解き手のプライド? そんなもん刺身のツマにもならんのじゃー!


というわけで、ふくみみ母さんが特攻かけた結果、
見事解読につながるヒントを手に入れることができたのですが、
長くなったので 追記で。

続きを読む

スポンサーサイト

2008年07月21日 未分類 トラックバック:0 コメント:1

サイファーブレーク 準備編

前回予告した ゆがみの趣味の部屋 暗号の解き方編、
出題者の漣さんが 今日答えと解き方を発表されたのですが
それ読んで 何で解けたのか自分でもよく分からなくなりました。

今の今まで カエサルシフトだという事実に 気づいてなかったぜ・・・!
(自慢ではありませんが ゆがみは あんま周囲を見てないことに定評があります)

まあ、裏街道を紹介する方が 先が読めなくて面白いよねと信じ
わが道をつっぱしった解き方を 紹介させていただきます。
出題された暗号はこんな感じ。

あんごう原型

見ただけでワクワクしませんか? しませんか。
ワクワクの仕方が分からないという方も、「ああ うん、楽しそうだね・・・」と
生暖かい笑みをいただければ それで十分です。 
ゆがみちゃん無欲だもの それで十分ですとも・・・!(悲しみながら)


解き方その1 条件から めどをつけるよ!

どんな問題でも、まずは設問をじっくりと読むことが大事です。
設問中のヒントを読んでのポイントは主に以下の二つ。

・ヘボン式ではなくて訓令式
・濁点や小さい文字はなくしてある

わざわざ前回と違う条件にしているからには、こりゃ何かあると予測しました。

この二つのヒントから分かることを並べると、

①ヘボン式じゃなくて訓令式
→今回の暗号の場合は、
  「CHI」じゃなくて「TI」  「TSU」じゃなくて「TU」 という部分のみ使う(はず)。

②濁点・半濁点がない
 →平文中に g・z・d・b・p の 5つのアルファベットは存在しない。

③小さい文字がない
 (たとえば、「ニョッキ」なら「NYOKKI」じゃなくて「NIYOTUKI」と表記される)
 →①の条件と合わせると、
  ・同じ文字が連続で並ぶのは母音「a・i・u・e・o」と「n」だけ
  ・違う子音同士が連続して並ぶことはない
  というヒントをゲットできる。

とまあ、案外色々なことが分かります。


その2 頻度分析をしげしげ見るよ!

ものの本によると、単アルファベット換字式暗号は
頻度分析にかければ 基本的にどんなものでも破ることができるのだそうです。
(うっかりサイモン・シンの「暗号解読」買いました。面白いよ)

しかしさすがは漣さん、解きやすいようちゃんと頻度分析を用意してくれていたので
遠慮なく利用させてもらって しげしげと見ます。

頻度分析

「出現回数」とは、暗号文中にあらわれる文字の数のこと。

上のA-Zの中で、日本語の訓令式では使われないアルファベットが7つ。
今回の暗号のルール(②参照)では使われないアルファベットが5つ。

というわけで、本来なら12個のアルファベットが出現回数0でないとおかしいのに、
表に灰色の文字は7つしかありません。

余分なアルファベットの数は 5つ。
何とびっくり さっき②で出た数とぴったり一致します。
こりゃ 関係がないはずがない!

この事実を見つけたゆがみは「イヤッフー!」と
最近のよくしゃべるマリオのように高らかに叫びました。


ここを突破口に、試行錯誤と 反則スレスレの情報収集を行っていったのですが、
長くなったので続きは次回。

頭脳による暗号解読ができなければ
スパイ活動、潜入、泥棒行為をしてでも鍵を手に入れろって
「暗号解読」でも言ってたよ!編をお送りする予定です。

angoue1.png

いつもSSなんて存在すら忘れているゆがみ、
あのときばかりはガッシャガッシャボタン押しまくりましたぜの図。

2008年07月14日 未分類 トラックバック:0 コメント:2

サイファーブレーク 予告

突然ですが、ゆがみは 暗号とか論理パズルとか そういうのが結構好きです。


そんなゆがみの目の前に こんなの 出されたら、
ギルドメンバーのためのギルドイベント という企画の趣旨をさわやかに読み飛ばし
すっごい嬉々として解読に挑戦してしまうのは
そりゃ仕方のない話ですよね。

あまつさえ、おまけの方で参加資格を拡大してもらって 成功報酬がもらえたものの
要求がうまく思いつかなかったので 花ちゃんに実質的に権利を譲渡したら
あれよあれよという間に こんな結果 になってしまったのも
まあ、何ていうか、仕方のない話ですよね・・・!


そのときは、完全に軽い気持ちで 花ちゃんにお任せコースを選んだゆがみですが、
ハタで見てて明らかなほどに顔をひきつらせて必死に抵抗する漣さんと
その反応をハンパなく嬉しそうな笑顔で眺めつつ
追いつめる手は決して止めない花ちゃんを見たとき
「もしかしたら、私はえらいことをしでかしてしまったのではなかろうか」
と ちょっと嫌な汗が流れました。
(でも 止めませんでした)

当耳袋は 漣さんのブログとその更新を応援しつつ
「月1でも十分っすよ」と悪魔のようにささやき続ける所存です。
(罪悪感に目と耳をそっと伏せながら)


さて、ここからは完全に趣味の話なのですが、
漣さんがおまけ暗号の答えを発表する予定の 7月13日 の近辺で、
ゆがみも個人的に 「どうやって解いたか」 の 流れを まとめたいと思います。
(ちゃんとした解き方チャートは漣さんが作ってくれると思うので
 自分が解いたやり方を思い出して それをチクチク追う形で。
 何が楽しいのかと首をひねる方も多数いるかと思いますが、
 楽しいんですよ  楽しいんですよこれが・・・!)

まじで


ここらへんの醍醐味を熱く語り始めると、ゆがみのテンションの高まりとは裏腹に
すっごい生暖かい目で見られますよの図。

この楽しさが分からないなんて、なんてもったない・・!


まあ、当のゆがみも、
花ちゃんが目をキラキラと輝かせて露店の売り上げを報告してくると
たいがい 「へー」 「ほう」 「そう・・・」 のどれかで返しては
「この楽しさが分からないなんて・・・!」
と嘆かれるので おあいこだとは思います。

(頻度で言えば ゆがみの方が少ないですよ 念のため) 

2008年07月06日 未分類 トラックバック:0 コメント:0