スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

まったり週間

ぐったり兄妹

ギルドのブログも完結させて任務完了、
パウダービーズ入りミンゴを枕にひたすらダラダラするゆがみちゃんと、
神父役でテンションを急上昇させすぎたか、
いい年こいて知恵熱が出てうんうんと寝こむとらうまの図。

ふくみみさんは一人元気なので、身動きとらずにぐったりする二人にあきれつつも、
母の愛で何くれと世話を焼いてあげています。
母さん、めんどいからってゴム耳を氷のうがわりにするのやめれ。


それはさておき、ふくみみ一家はでかい一仕事を終えたので、
しばらくはぐったりまったりしようと思っています。
夜中にキーボード打ってないと何だか落ち着かなくなった自分がいる・・・
(ゆがみちゃん ワーカーホリックの気があったようです)

そんなわけで、昨日はまったりと美乙女の会を開いたり、
(微妙に世代のばれるゲームトークを繰り広げる美乙女というのは実に乙なものです。
 ちなみにふくみみ一家は断固としてクロノトリガー派)
はんなりとミン吾・ミン子兄妹(義理)と対話したりしてました。
(まあ、これはミミカさんちのブログにみっちり載るだろうから、任せておこう)

気がついたら長文打つくせがついているので詳細は割愛。
ただでさえ長くなるのに、これ以上長くして私は一体どこへ行くというのだ。
スポンサーサイト

2007年05月29日 未分類 トラックバック:0 コメント:3

とらうま奮闘記

とら熱弁

「HELP!~結婚狂想曲~」開催中、
ひたすら熱く弁舌をふるう神父役(というかほぼ実況役)のとらうまと、
それを端っこの方でこっそり見守りながら
「こんなに動いてるの(※とらうまは銀行と倉庫の往復しかしてなかった)初めて見た・・・」
と、兄の常にないアグレッシブな姿に唖然とするゆがみちゃんと、
「ひ弱だった(※それは子育て放棄されていたから)子がこんなに立派になって・・・」
と、ハンカチでそっと目元をぬぐうふくみみさんの図。
きっととらうまはマイクとかハンドル持つと性格変わるタイプ。

さて、そんなこんなで、どうにかイベントが終わりました。
とらうまはよくがんばった!

ある時は所持力不足でアイテム持てないのが発覚して強制レベル上げ、
(おかげさまでゆがみに兄としての面目を保てるレベルになりました)
ある時は開始5分前までサーバーに弾かれてギリギリの瀬戸際で泣きながらIN、
(「アイドル並の駆け込み」と言われたけど反論する余裕もなかった)
またある時は表彰式でうっかり発表の順番間違えて賞品のねたばれ、
(ログを見るとえらく平然と流してますが、頭の中は阿波おどり行列が横断してました)

ギルドの面々をハラハラさせたグランプリはとらうまがぶっちぎりトップです。
「終わりよければ全てよし」っていい言葉だよね・・・

とにかく、次回に向けての反省点はいくらかあるものの、
成功と呼べる形で終わらせることが出来たので大満足です。
鬼のような実験・検証・修正・セリフ手直しの嵐に
堪忍袋の緒を切ることなくつきあってくれたスタッフ仲間たち、
そして何より楽しげに参加してくれたお客さん方あっての結果だと思います。

だから、実況中にお客さんの反応を見てテンションがだだ上がり、
アドリブでツッコミという名の暴言を複数かましたのもご愛嬌。
(ふくみみ一家の中の人は、酔ってテンション上がったときにしゃべり倒し、
「いつまでもボキャブラリーが尽きなくて怖かった」と言われたことがあります)

イベントのあらすじや詳しい報告レポートが知りたい方は、
非公式event企画委員会のブログのイベントレポートでどうぞ!
(なぜならゆがみが一手に書いているから)
すべてのエピソードを詰め込もうとして、今ヒイヒイ苦心している真っ最中です。
いいんだよ、ゆがみちゃん、とらうまのエピソードは削って・・・
(でも入れろという花ちゃんの命令が既に出ているこの切なさ)

2007年05月21日 未分類 トラックバック:0 コメント:0

ハローワーク

唐突な話をします。

この間から、各キャラがどうしてまたあんな職業変遷をしてるのかが気になってたので、ちゃんとした理由を考えて(捏造して、とも言う)間にはさんでみました。

○ボクシング部女子高生→(プロ化)→ボクサー→(ベルト獲得)→チャンピオン
○新進モデル→(人気沸騰)→アイドル→(押しも押されぬ実力派に)→プリマドンナ
○アマチュアエンジニア→(独立して本業に)→発明家→(事業化)→クリエイター
○呪術師→(修行)→魔道士→(魔界転生)→ダークロード

このへんは簡単。人生順調よかったね組。
(龍は順調というには暗黒まっしぐらだけどまあいいや)
続いては、人生何があるのか分からないよね組。

○格闘家→(戦地に行って傭兵化)→戦士→(コロシアムにスカウト)→デュエリスト
○図書館司書→(ドロップアウト)→吟遊詩人→(想像以上の才能)→セイレーン
○新任教師→(ドロップアウト)→手品師→(ドロップアウト)→ギャンブラー

全員何かしら世間の裏街道をつっぱしってそうなのはご愛嬌。
(ところで、元手品師のギャンブラーって割とあからさまにイカサマ師じゃなかろうか)

ここまではわりとすんなり納得できました。
問題は残る一人。

○若手考古学者→(奥地の遺跡へ)→冒険家→( )→アサシン

せんせー、このカッコに当てはまる言葉が分かりませんー!!

想像力豊かなふくみみさんでも及びもつかない波乱万丈人生・・・
「前髪ぱっつん」ってイメージしかなかったのを平謝りしないといけませんね。
二次きつねすげー。

2007年05月19日 未分類 トラックバック:0 コメント:2

せっぱつまってまいりました

イベント企画おおづめ

いよいよ来週日曜、ミミカさんちの花ちゃん監修・ゆがみシナリオ作成のイベント、
【HELP!~結婚狂想曲~】が開催されます。
いよいよっていうか予想以上に実現するのが早かった。

ふくみみさんがINできぬ間にも、ゆがみがひたすら書いた書いた。
セリフに説明にポスターに、
ゆがみちゃん腱鞘炎になるくらい頑張りました。

さて、そんなゆがみちゃんの頑張りに答え、
ふくみみ家に実はいた長男とらうまが、
イベントに協力するためにオーロラへ出陣することになりました。
ふくみみ母さん、お前が動く姿を見るの数ヶ月ぶりだよ・・・
(ひ弱な息子にめげて子育てを放棄していた悲しい事実)

そんなひきこもり息子のとらうまが何をするかというと、
イベント中おこなわれる寸劇で登場する神父役です。
ゆがみちゃん女の子だから神父にはなれないし、
何より神父役のセリフ、他の人にやらせるには申し訳なさすぎたんだ・・・

全体的にやたらセリフ量のあるシナリオですが、
神父役はぶっちぎりトップでしゃべりまくりです。
神父のセリフだけよけたら三千字あった瞬間の衝撃といったら!
(人はこれを自業自得と呼びます)

というわけで、日陰で生きてきたとらうまは本気で青ざめていますが、
ゆがみちゃんはゆがみちゃんで最終修正に大わらわなので、
ふくみみ一家全体がばたばたしまくりです。
ふくみみ母さんひとりヒマだから無駄にこった料理とか作ってる。

ともあれ、来週の日曜日本番、その前に最終リハにセリフリハ、
大忙しの一週間になりそうです。
うん、がんばるぞー・・・

2007年05月13日 未分類 トラックバック:0 コメント:0

驚愕の事実

GWなのに一度もINできてませんふくみみですこんばんは。

ゆがみちゃんが所用で各キャラクターの転職後の画像を探しているため、
ふくみみ母さんが腕まくりして適当な言葉で検索しまくってみたところ、
用語集? 事典? まあそんな感じのものに行き当たりました。
韓国版のキャラ画像などもあって結構読み応えがあったのですが、
そこで一番印象に残ったのが、各キャラがカバリア島に来た理由の設定。

兎:伝説のグローブ代
猫:主演映画の衣装代
獅子:ロボット制作費
羊:図書館建設費
狐:カバリア遺跡の発掘調査

ここまでは、ああ、なんかそれっぽいねえという感想のみで普通。

狸:教え子の捜索

これも多少釈然としないものの(授業はいいのか?)、まだ納得がいく設定。
問題は残ったやつら。

牛:負傷させた相手への補償金
龍:貧しい一族への仕送り

(↓それを聞いて瞬間的にふくみみさんの脳裏にイメージされた図)
おもい

きみたち ちょっと 重すぎる。


ふくみみさんの中で龍=アホの子(誰のせいかは言わなくてもお分かりと思います)
という印象があったので、実は出稼ぎの苦労人と知って度肝を抜いてしまいました。
能天気な顔の下にはそんな苦労が隠されていたんだね・・・。

個人的には、キャラ設定のみで考えると、
一番のアホは公務員からギャンブラーに身を崩した狸だと思っています。
何があったんだ先生。

2007年05月02日 未分類 トラックバック:0 コメント:2