スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

忙中閑あり

荷造り完了しました。捨てた捨てた!高い金出して買いそろえた本(というか漫画)類を売っぱらったらごっつ安くて世の無常をまざまざと感じました。高く買い取ってくれるような流行の本なんて持ってないよばか!でも200円で買い取りしてたギャグ漫画日和7冊を「名残惜しいから・・・」と売れなかった時点で私の負けかもしれません。だって全部新刊でそろえたんだもん!たまに読んだら微妙におもろいんだもん!
というわけで現在、妹のちょっと持ってる少女漫画の隣には私のそろえたギャグ漫画が大量に並んだ状態になっています。ハチクロの隣に王様はロバ。いくえみ綾の左右にクロマティ高校と酢めし疑獄。カオスな本棚を置き去りにしてごめんよ妹!

さて、いい年こいて漫画離れできないとかいう世知辛い話はよしにして、たまの休みにどうにか入れたゲームの話をします。
やることを見失って虚脱状態のふくみみさん、次のイベントが始まるまでひとまず落ち穂拾いと称してやり残したクエをちょぼちょぼこなすことにしました。
そういえばやってなかったなあ、とチブチャのカードクエのために遺跡で狩りを開始。ああ、チブチャが来たりて笛を吹く。笛とか壷はいいからカードを落とせ!
で、ヒルポ切れに悩まされつつも、一時間近く洞窟にこもってやっとこさ一枚手に入れ、メルのもとへ馳せ参じたところ、件のカードが1Mという高値で売られていました。
「これを売れば一攫千金・・・」と心が揺らぎましたが、先日の露天商体験でふところがあったかかったので豪勢に自分で使いましたよ。1Mの散財(ちがうけど)!ふくみみさんちょっとした成金気分。

さて、引越し後のネット接続はしばらく無理そうなので、明日か明後日くらい(アバウト)からやや長いお別れです。どうでもいいけど村上春樹訳のチャンドラーってどうなんだろうなあ。
スポンサーサイト

2007年03月27日 未分類 トラックバック:0 コメント:0

ただいま引越し準備に大慌てです。
紙が多い!そして重い!ごみ回収の人への嫌がらせのような重さのごみ袋が着々と作られています。論文のコピーとかもっと早く捨てろっちゅう話だった。
TSには忙中に間を見つけてINするつもりではありますが、引越しがひと段落してネット環境が整備されるまで接続が不安定になりますのでしばしのお別れをここで告げておきます。
27日までギリギリだなあと思って試しにいらんカードを売ってみたらいきなり見たこともない額になって脂汗かいたよ。今まで額に汗して魔物倒してちまちま稼いでたのがあほらしくなるような短時間高利益。財布の中身8倍になった!私どれだけ貧乏だったんだ!!
お金は魔物と聞くので注意しますが、そりゃこれだけもうかりゃ露店にはまる人も多いわなあ、と実感した丑三つ時でした。
ではまた。

2007年03月22日 未分類 トラックバック:0 コメント:1

履くに履けない

ミミカから靴下を片方だけもらいました。これって壁に飾るんじゃなくてベッド脇においとくもんなんじゃなかろうか?しかもクリスマス限定で。なぜ今の時期に渡されたやら(キャンペーンなのは知ってるけど)、釈然としない気持ちでいっぱいです。というわけで、対処に困るプレゼントに微妙な表情を隠せないふくみみさんと微妙オーラ放ちまくりだったヒスイさんの図。
くつした

でもまあもらいものはもらいもの、いちおう友情の証に私の城に飾り付けてみました。靴下を本尊に見立てて中心に据え、門松を阿吽の像のごとく配置し、その前に座ればあら不思議気分はくつした教信者。思わずひれ伏して般若心経となえたよ。下の写真はひとり賛美歌と般若心経を歌ってたふくみみさんと、ヒスイさんにかわいい床をもらってはしゃぐふくみみさん@気分は劇的ビフォアーアフター。もちろん脳内ではあのBGMが流れ中。ふくみみさんは基本的に一人遊びが得意です。
くつした3

くつした2



さいごにキツネヒスイさんの乙女部屋におじゃましてベッドにまでもぐりこんだよの図。
お宅訪問

私が一方的に回線ぶちきるまでは乙女らしく優雅に歓談したよ!話のついでにミミカの髪染めについて赤か緑のどっちがヒスイさんの好みか聞きだしたけど、あえてミミカにはリークしません。愛ゆえに悶々と悩み苦しむがいい。


さあて、ほんとは70になったのを機に新たなクエで狩るなり掘るなりせねばならんのですが、これがどうして全くやる気が起こりません。昨日なんてバルトさんにアポ狩り手伝ってもらったのに「アポシスいない!めんどい!50匹なんて多い!めんどい!」と心中でめんどくさがり小人たちが大合唱でした。うーん、これがいわゆる燃え尽き症候群というやつだろうか。

2007年03月21日 未分類 トラックバック:0 コメント:5

とりいそぎ用件のみで失礼します。
現在、パソコンのバッテリーが寒の戻りで風邪でも引いたか高熱を発しています。一旦電源が切れた時はアイスノン巻いてごまかしたんだけど、具合を見ようとしてうっかりプラグをひっこぬいてもうた。今日は天中殺か何かなんだろうか?
小一時間ほど復帰をこころみたものの、オーロラまで黄色いし明日早いしで力尽きました。この盛況ぶりはイベントのせいか!憎らしい!
そんなわけで、二度目の失踪については完全に私の咎なので、歓談中に唐突に私を見失ったであろうヒスイさんには非常に申し訳ありません。ふくみみは基本的にハイテク機器を壊す類の子なんです。さまざまなお礼はまた後日に直接。

2007年03月19日 未分類 トラックバック:0 コメント:2

ハイテクが憎い

スクリーンショットの撮りかたが分かりました!
これでふくみみさんも文明の寵児、末は博士か名カメラマンか、と浮かれてユウさんとのツーショットを撮り、ほくほくしていたのもつかの間、撮った分は保存しなきゃいけない事実にパソコン閉じてから気がついてもうた。この世に神はおらんのか!地獄とは神の不在なり!と地も割れんばかりに慟哭したよ。
しゃーないので昨日の顛末については絵で描き残します。

ピラミッド盗掘ツアーにおもむいたら本気で道に迷い、無念のホールで半泣きのところをユウさんに救出されたはた迷惑な迷子の図。
まいご

ユウさんに色々と強化装備をいただき、ポン刀を片手に首から光るもの(ブラックパールネックレス)を下げ、嬉々としてカモを襲う気分は八つ墓村なふくみみさんの図。
たたりじゃー

あと他にも、「うさぎのユウさんと並んで座って気分はざ・たっちの図」や「門松パーティ参加を拒否してダッシュで逃げたヒスイさんを出待つうさぎ二人組の図」「いつのまにかキツネの姿で背後に忍び寄っていたヒスイさんの正体を暴く名探偵うさみちゃんうさユウさんの図」なんかもあったんだけど割愛。絵で描くの楽っちゃ楽なんだけど飽きてきた。

追記:ユウさんの言うとおり何か残ってた~!
というわけで、記念写真が出てきました。マナカナって右にいる方がカナらしいよの図。左下で何食わぬ顔でドリルしている露骨に不審な若葉マーク狐が変装中のヒスイさんです(記念撮影後に発覚)。
マナカナ

2007年03月17日 未分類 トラックバック:0 コメント:2

今日はじめて「きてら」って言ってみた

すわり食い

マイマイ狩りの途中でヒルポが尽きてしまったため、、拾ったマイマイ料理をその場で貪り食って店までの道のりを突っ切る体力をつける戦士の図。
問題箇所が多すぎてどこから指摘すべきか自分でも分からないよ。

さて、ふくみみのレベルが70まで上がり、予想通り狩りに飽きてまいりました。キリよく喜寿になるくらいまでは地道に努力しようと思っていたはずなのに、レベルアップした瞬間何のためらいもなしに経験値うはうはのハーレムパーティを抜けた自分がいます。人の心のかくも移ろいやすきものよ!

というわけで、ふくみみさんは現在自分が何をすべきかを模索中です。いい年こいてモラトリアムまっさかり。さしあたって考えた計画の候補としては、
①人魚を乱獲して新天地(マーメイドパレス)を目指す
②財宝目当てにピラミッド盗掘ツアー
③そう言えば忘れかけてたサブキャラのためにアイテム集めに奔走する
くらいでしょうか。狩りと同時に掘るのも飽きているという驚愕の事実のせいであんまり食指は動かないんだけど。まあ、カバリアで狩りも掘りも封じたままで生きていけるわけもなし、どうにか自分のやる気をなだめすかして動き回りたいと思います。
とりあえず雛鳥の母親のごとくクエ品を稼いどこうかなあ…。

2007年03月15日 未分類 トラックバック:0 コメント:1

狩りの合間に考えた

マイマイ狩りが余裕綽々でこなせるようになってきたと思ったら経験値の上がり幅が物足りなくなってきました。人間の欲望というものは尽きることのないものですね。

ところで、パーティー狩りに参加する中で、ひとつ非常に感動したことがあります。
クエ報告や物資補給などで狩場を離脱する際に「いてら」「きてら」と声をかけられることがありますよね。「いてら」は「行ってらっしゃい」の省略形なのが自明なので特に着目することもないのですが、問題は「きてら」。
この言葉が生まれた経緯は大体予想がついて、おそらくは、
「『行ってらっしゃい』と言いたい気持ちはあるのだが、自分自身も今狩場を抜けているため、その言葉は不適当である。恐らく狩場を抜ける彼/彼女の目的地は現在自分のいる場所だろうから『行く』ではなく『来る』と表現するのが正しいだろう。けど自分の所有地でもない場所で『いらっしゃい』という表現はおかしいよねどうしよう」
という、どこかの誰かの複雑な逡巡から生まれた言葉なのだと推測されるのですが、たった三文字に、しかも「いてら」の「い」が「き」に変わっただけでここまでの意味を内包しているその事実がひたすらすごい。少なくとも私は気がついた瞬間感動に打ち震えました。パーティ狩りという独自の文化の中で新たな概念を表現した言葉が誕生していた!みたいな。こらそこ、深く考えすぎてて気持ち悪いとか言うんじゃありませんよ。
まあともあれ、ゲーム内での言葉の成り立ちを研究してみるのも面白そうだなあと思った今日この頃でした。

さてもうひとつ、スクリーンショットは出来る気がしないので、ウン年間美術部にいつづけた経験を生かして臨場感あふれるイラストを描いてみることにしました。
戦いの合間に英気を養うべくヒルポもとい勝利の美酒をあおる戦士の図。
一気飲み

細かいことを気にしてはいけません。

2007年03月14日 未分類 トラックバック:0 コメント:2

気分は防弾チョッキ

合成カモベスの何と素晴らしきことか!

基本幸の薄いふくみみさん、材料は用意しつつもずっと合成に二の足を踏んでいたのですが、本日ようやく腹をくくり、可能な限りの幸運装備に身を包んだ上でカモベスに腹皮をひっつけました。片手に赤い薔薇、もう片手には熊の頭部、さらに肩からは愛らしいポシェットというよく分からないコーディネートで合成に挑む勇姿を見るがいい。

ともあれ結果は一勝一敗、防御力プラス120の素敵ベストを手に入れました。カモなんて所詮カモ鍋の具材、恐るるに足らず!三匹くらいで囲まれたら全力で逃げるけど!

というわけで、これからしばらくはサクサクかたつむり狩りをして地味にレベルと小金を稼いでいこうかと思います。掘るの飽きた。
ところでスワンプへの道に出てくる敵って、カモとエスカルゴでどうもフランス料理を髣髴とさせるラインナップだよね。エスプリが効いていらっしゃる。


あともうひとつ、マリさんの日記からいただいていた携帯メールの予測変換候補バトン、どう転んでも面白くないのが目に見えていたので頭を抱えていたのですが、放置しても状況が好転するはずがないので結果を書くだけ書いておきます。

お題「でんわしろ」

で です ではまた ですが 出て でもしながら
ん 
わ 私も 私は わかった わかって わからない
し します 召集 収集でも しなきゃだからめんどうだよね 市
ろ 六

うーん、我ながらなんて回しがいのない携帯だ。
バトンはドリルで掘り返した跡地にでも埋めときます。

2007年03月11日 未分類 トラックバック:0 コメント:1

オーロラまで黄色になられたら私に手も足も出せるわけないじゃない。

仕方ないので、今夜はカード集めで掘りまくりであろう皆様を尻目に、いさぎよくふて寝することにいたします。サンタ袋より有能という噂の何とかポシェットが欲しいので明日はそれ入手を目標に。

ところでポシェットといえば、縄文時代には通称“縄文ポシェット”っていう発掘物があって、木の実等の採集物を入れるために枯れ草を編んで作られた袋をそう呼んでいるんですってよ。可愛い名前して長い歴史を持つポシェットに乾杯。

以上、弥生式土器の作り方なら習ったことのあるふくみみさんからの、ゲームに欠片も関係のない豆知識でした。おやすみなさい。

2007年03月09日 未分類 トラックバック:0 コメント:3

桃の節句のクイズ大会

 初めて電気マイマイクエで生還しました。両生類(オタマ)も爬虫類(カメレオン)も恐るるに足らず!ただしほ乳類(カモノハシ)にはまだ立ち向かえません。順番に生命の進化に挑んでる気分。


 それはさておき、昨日は桃の節句、乙女達のお祭りということで、人形どっちゃりの力作ひな壇(一段しかない実家のひな飾りより格段に豪勢だった…)の設置されたヒスイさん宅にてクイズ大会が行われました。
 基本ひきこもりでホームグラウンドから出ないふくみみさんは、火山へ行くのは初体験だったので、てっきりマグマだらけの焦熱地獄のような土地で繰り広げられる灼熱ひなまつりを覚悟して行ったのですが、リゾートのごとき温泉がわいてて(あのお湯につかってた生物はなんだろう?)ちょっと意外でした。でも誰も入ってなかったから多分間欠泉なんでしょうね。デンジャラス。

 クイズ大会については、ああいうの実はかなり好きで不必要に熱くなりがちなため、他の人に先んじて正答された際に必要以上に悔しがってなかったかが心配です。ハンカチかみしめるくらいなら素でやりかねない自分がいる。覚えている中でもっとも悔しかった問題は「室内に火の灯ったろうそくが10本ある。内3本の火が消えたので窓を閉めた。それからどの火も消えなかった場合、残ったろうそくは何本になるか」。ミミカ即答しすぎだ!憎らしい!(ハンカチをかみしめながら)
 ただ、このクイズ大会で何が一番印象に残っているかと言うと、何気にひょいひょい当ててたバルトさんでも、うそつきクイズを消去して解くという力技を見せたユウさんでもなく、クイズを30問分もストックし、さらに問題数分の賞品を抱えて微妙によろよろとしていたマリさんの勇姿ではないかと思います。イベントを運営するって大変だよなあ…。

 かぜっぴき直後に妹も風邪を引き、養生する間もなく看病という名の使いっぱをしていた私は睡魔に負けて途中脱落しましたが、ちょうどレベル的に非常に役に立ってくれそうな賞品を色々もらったので、これでがっつり合成をかまし、憎きほ乳類をうち倒すべく精進したいと思います。カモベス着てカモをなぎ倒してやるんだ!

2007年03月04日 未分類 トラックバック:0 コメント:0